我が国のケータイ(フィーチャーフォン)は、ガラパゴスなんて言われるように

我が国のケータイ(フィーチャーフォン)は、ガラパゴスなんて言われるように

我が国のケータイ(フィーチャーフォン)は、ガラパゴスなんて言われるように、狭い島国で独自の進化を遂げてきたため、日本国内の携帯電話メーカーは、海外企業に比べてグローバル展開に弱い面があって、国内ユーザーをターゲットとした展開を企業戦略のメインに考えているようです。

WiMAX搭載の「WiMAXSpeedWi-Fi」でしたら、それだけでパソコンやスマートフォン、タブレットにゲーム機などといった、たくさんの種類のものを誰でもネット接続できちゃいます。

よく知られたフレッツ光に加入でキャッシュバックなどといった特典が準備されているのですが、これらは実はフレッツ光の代理店が受け取る販売手数料をお客に還元して新規契約獲得数を上げることを目的に普通では考えられない条件を提示しているわけです。

ただWebサイトを閲覧するとか、メールを送受信するくらいなら、WiMAXによる回線速度でも文句なしのスピードです。もし動画を視聴するときであっても、ほとんどは大体10Mbpsも出せればストレスはないはずです。

例えばご自宅に速度の速いWIMAXのルーターを設置すると、パソコンもスマホも一緒に使えます。一緒に接続していただくことが可能な台数はルーターの性能によっていろいろですが、3〜4台だったら心配いりません。


実際のところWiMAXは良い場合で約10M、普通の状態で1.5〜5Mほどで通信速度は不安定であることは否めません。さらに電波が届かない場所おいてはサービスエリア内でも使用できないのです。

うまくいかないときはインターネット回線用のモデム等、通信機器の方の電源プラグを抜き差しするなどして、電源を一回入れなおしてみてください。機器側ではなくて回線側に問題がある場合、かんたんに復活する場合だってあるものです。

Nexusなどタブレット端末というのは機能的には、ノートパソコンを簡単にしたようなものといえるでしょう。メール操作や書類を閲覧するとか写真を見るなど色々あります。また使い勝手では、ほとんどスマホと変わらないといえます。

MVNOそれぞれで新規WIMAX加入特典のキャッシュバックキャンペーンで返ってくる金額が全然違います。商品券3千円程度といった会社だってありますし、なんと1万円を超えるくらいの気前のいい会社だってあるので探してみてください。

いろんな種類があるWiMAXのためのルーターについては、迷ったら最終的には直感で気に入った端末を選択してもいいといいんじゃないでしょうか。どのメーカーの端末を選んでも一般的な環境で利用する場合には体感できるほどの能力の違いがあるわけではありませんから。


普通インターネット回線は約5Mもあれば動画もスムーズに再生することが可能だし、さらに速度が7〜8Mを超す状態なら実感としては速度の差はまず感じられないレベルです。

使いやすいWIMAXを利用していただくためには専用の通信機器を準備しなければいけませんが、"通常は10000〜20000円"くらいで販売されています。いくらかは割引販売している会社もあるようですし、

接続も簡単になった無線LAN(Wi-Fi規格)に必要な子機というのはこの頃のノートパソコンだったら、ずいぶんへんてこなカスタムマシンのようなものを購入した場合以外、もともと本体に内蔵されているのが当たり前です。

お持ちのガラケーはそのままで、ネット接続にはwimaxで、スマホ、タブレットはショップではない店舗で入手すれば、月々発生する料金は節約することが叶います。

何年か前までは、サービス提供エリアが狭いということが便利とはいえWiMAXの致命的な欠点と指摘されていたこともあったが、現在では「エリア全力宣言」なるものによって、サービス提供エリア拡大活動にとても力を込めているみたいです。

BIGLOBE WiMAXはかなり人気があるようです。